スポンサードリンク


母の日

母の日のおすすめプレゼント

母の日におくって喜ばれるプレゼントはなんでしょう。
母の日のプレゼントで1番人気なのはもちろん
カーネーションです。

ついで母の日の人気の高いプレゼントとなっている花は
バラとガーベラです。
そうは言っても、母の日の由来がもともと
アメリカ人教師がカーネーションを送ったことを
考えると定番中の定番ではありますが
カーネーションのプレゼントをするのもおすすめです。
発祥は白のカーネーションと言われていますが
現在の母の日のおすすめプレゼントは赤の
カーネーションです。
もともとカーネーションが日本で出回るようになったのは
昭和50年代からで、昭和35年に初めて東京で栽培され
るようになりました。
現在ではプレゼントの定番であるカーネーションですが、
日本で母の日のプレゼントとして定番になったのは
本当に近年になってからです。
もともとギリシャ神話にも出てきたカーネーションですが
そう考えてる改めて母の日のプレゼントにするのも
面白いでしょう。

おすすめ出来る母の日のプレゼントというとやはり
カーネーションもしくは花束になるでしょう。
いくつになっても花をもらうとうれしくなるもので
すからね。
母の日には是非花をプレゼントしてみてください。

例えばこんなセットもおすすめです。
BunBun!Bee 母の日 スイーツとお花のギフト

母の日

母の日にカーネーションを贈る理由

母の日にはなぜカーネーションを贈るのでしょうか。
最近では、カーネーション以外にもバラなどの
花束を母の日に贈ることが多くなりましたが
それでも母の日の定番はまだまだカーネーションです。

母の日にカーネーションをプレゼントするようになったのは
もともとカーネーションが聖母マリアがキリストを
見送ったときに流した涙から生じたといわれるためです。

カーネーション=母性の象徴といわれることが
母の日にちなんだ花といわれるゆえんでもあります。
カーネーションの定番である赤の花言葉は愛を信じる
白は私の愛は生きているなど、母性愛の象徴といわれる
のも母の日に送られるようになった理由でもあります。
カーネーションが母性の象徴としてとりあげられ
母の日にプレゼントされるようになりました。
いまだにカーネーションが母の日に贈られるのは
そういった理由からでもあります。

17世紀ごろから園芸としてカーネーションが栽培される
ようになり、実際には母の日にカーネーションが
プレゼントされるようになってから、一般的に
カーネーションが普及することになりました。
日本でカーネーションが輸入された時期については
江戸時代初期以前といわれ、享保年間に出版された
地錦抄録にオランダから伝来したことが記載されています。

日本では母の日にカーネーションを贈るようになったのは
意外と近年になってからです。
カーネーションが母の日の花として日本に定着したのも
結構最近に入ってからなのです。

タグ:母の日

母の日

母の日の由来は

母の日は日本では5月の第2週の日曜日と
決まっています。
母の日は世界各国で行われていますが、
行われる日も2月から5月まであったり、
場所によっては11月に行われるところもあります。
母の日は世界で同じ日にあるわけではありません。
そのため由来についても、諸説様々にあり、
5月の第2日曜日に母の日があるのは日本と
アメリカくらいとい事を考えると日本の母の日は
アメリカの影響をうけているのかもしれません。

アメリカの母の日の由来は1900年初頭に
ウェストバージニア州で教師をしていた
アンナ・ジャービスという人が自分の亡き母を
忍んで教会で記念会を開き、白いカーネーションを
配ったのが母の日の始まりと言われています。
アメリカの母の日はこの日が現在も母の日と
呼ばれています。

日本では、大正から昭和にかけて教会を中心に
母の日を祝うことが広まり、一般化していったのが
母の日の由来になっています。
つまり日本の母の日は主に昭和に入ってから
お祝いされるようになったのです。
当時は昭和時代に皇后の誕生日である3月6日に
母の日を行っていましたが、戦後すこしたってから
アメリカと同じ5月の第2日曜日に母の日が行われる
ようになり、現在にいたっています。
タグ:母の日 由来

母の日

母の日について

母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。日本やアメリカでは5月第2日曜日に祝われているが、世界中で様々な日で行われる。スペインでは5月1日、北欧では5月の最後の日曜日。

母の日は20世紀初頭にアメリカで始められた。1907年、ウェストバージニア州で教師をしていたアンナ・ジャービスが、自分の教会学校の教師であった亡き母親を覚えて、教会で記念会をもち白いカーネーションを贈ったのが始まりといわれている。その記念会でジャービスの母への想いに感動した人々は母をおぼえる日の大切さを認識し、その3回忌にあたる5月8日に、ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案した。翌1908年の5月10日、彼女が勤めていた学校に470人の生徒と母親達が集まり、最初の「母の日」を祝った。彼女は参加者全員に、彼女の母親が好きだった赤いカーネーションを手渡した。このことから、赤いカーネーションが母の日のシンボルとなった。1914年に、「母の日」はアメリカの祝日になり、5月の第2日曜日と定められた。

日本では、昭和時代に皇后(香淳皇后)の誕生日である3月6日(地久節)に行われていたが、1949年ごろからアメリカの例に倣って5月の第2日曜日に行われるようになった。

母の日にはやはりカーネーションなどを贈るのが一般的となっているが、最近ではカーネーションに限らずバラ、ガーベラなども好んで贈られるようになってきている。

出典 ウィキペディア
タグ:母の日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。